中川翔子の父親は中川勝彦?画像は?イケメン?スキャンダル?亡き父からのメール?

WS000000

2016年5月より再演されるミュージカル「ブラック メリーポピンズ」に、新キャストとして出演することが決定した中川翔子さん。

しょこたんこと中川翔子さんは、今回が初舞台、初ミュージカルとなるそうです。

2014年に日本で初演された「ブラック メリーポピンズ」は、韓国発の濃密な心理スリラーミュージカルです。

今回の再演に際して、中川翔子さんはヒロインのアンナ役としてキャスティングされました。

今回は、歌手やタレントとして揺るぎない実績を積んできた中川翔子さんこと、しょこたんの父親について注目してみました。

中川翔子

本名   中川しようこ
愛称   しょこたん
生年月日 1985年5月5日(30歳)
出身地  東京都中野区
血液型  A型
身長   157cm
事務所  ワタナベエンターテインメント


スポンサーリンク

中川翔子の父親は中川勝彦?

中川翔子さんの父親は、中川勝彦(なかがわ かつひこ)さんという1980年代に活躍したマルチタレントです。

ミュージシャン、歌手、俳優、声優として活動されていました。

中川勝彦さんの出身地は東京都で、会社社長の長男として、裕福な少年時代を過ごしました。

文京区立第六中学校卒業後、1978年に慶應義塾高等学校に入学し、そこでバンド活動を始めました。

1980年の高校3年生の時に、NHK「ヤングミュージックフェスティバル」に出場し、それがデビューのきっかけになります。

慶應義塾大学進学後も、映画「ねらわれた学園」や「転校生」などに出演し、人気を博しました。

そして1984年に、中川翔子さんの母親である中川桂子(なかがわ けいこ)さんと、当時としては珍しい、できちゃった結婚をします。

この時、父親の中川勝彦さんは22歳、母親の中川桂子さんは18歳でした。

ちなみに、サケ・マスふ化事業を導入・推進したことで知られる伊藤一隆さんは、中川桂子さんのひいおじいさんにあたります。

なので、中川翔子さんは伊藤一隆さんの玄孫(やしゃご)という事になります。

しかし、しょこたんの父親である中川勝彦さんは、アイドル的路線だったためや、当時の芸能界事情もあり、結婚も子供が生まれたことも、信頼できる近しい関係者とわずかな友人達にしか知らせなかったようです。

後年、中川翔子さんがタレントとして開花し、自ら父親が中川勝彦だと公にするまで、中川翔子さんが中川勝彦さんの実子であることは、あまり知られていませんでした。

中川勝彦さんは、当時としては珍しいヴィジュアル系アーティスト、日本版グラムロックアーティストとして、本田恭章(ほんだ やすあき)さんと人気を二分し、美しいルックスとは裏腹に、気さくで腰が低く茶目っ気のある人柄で、関係者に親しまれました。

歌手や俳優活動以外にもラジオ「ヤンタンキンド館」で、持論を交えて大真面目に語る喋りが、ファンやリスナーの注目を集めました。

俳優としてもテレビドラマ等で活躍していましたが、1992年9月に急性骨髄性白血病を発症してしまいます。

以後、9ヵ月の闘病生活を経て復帰するも、1994年8月に白血病が再発し、32歳の若さで死去されました。

中川翔子さんのお母さんの中川桂子さんとしょこたんは、そっくりですね。

中川翔子さんが9歳の時に父親が亡くなり、母娘2人、二人三脚の人生が始まります。

スポンサーリンク

画像は?イケメン?スキャンダル?

父親の外見は、かなりのイケメンで、数多くのファンがいらっしゃった事も納得できます。

しかし、中身はかなりのオタク気質で、娘の中川翔子さんに、オタクの英才教育を施したことが知られています。

しかし、中川勝彦さんの死後に、女性関係のスキャンダルが発覚してしまいます。

2011年の2月頃に、中川勝彦さんと奥様の桂子さんではない、謎の一般女性との不倫写真がネット上に24枚アップされてしまいます。

中川翔子さんは、その噂を聞いて大きなショックを受けたそうです。

母親の中川桂子さんも、同じようにショックを受けたと思われます。

しょこたんのお父さんである中川勝彦さんの、不倫スキャンダル写真を掲載していたサイトは、2011年内には閉鎖されてしまい、その後は、画像検索からも発見できなくなったようです。

このスキャンダル写真を公表した理由は、いったい何だったのか。

単純に中川勝彦さんの評判を落とすことが目的だったならば、存命のうちに流出させた方が効果的だったはずです。

わざわざ死後10年以上が経過した後に、公表したことの理由がありそうです。

ネット上では、ちょうどこの時期に発売された、中川勝彦さんの絵本の発売と関係がありそうだと噂されています。

2011年1月24日に復刊ドットコムより、中川勝彦さん作・絵の伝説の絵本「未知の記憶」が復刊されたのです。

また、2011年3月中旬には、生前の中川勝彦さんの肉声をあつめた朗読CD付きのスペシャル・エディションも発売されました。

ネット上の噂では、この中川勝彦さん作・絵の絵本「未知の記憶」の売上をアップさせるために、中川勝彦さんの不倫スキャンダルの写真が公表されたのではないかと関連付けられています。

真偽の程は不明ですが、芸能界という世界においては、あり得そうな話ですね。

しょこたんの母親の中川桂子さんも美しい女性ですが、父親の中川勝彦さんも、かなりのイケメンですね。

仲良し家族を襲った、最愛の父親の死。

中川勝彦さんがご存命であったら、中川翔子さんの芸能活動も、また違ったものになっていたかもしれません。

亡き父からのメール?

中川翔子さんの元に、今は亡き父親の中川勝彦さんからメールが届くという、ちょっとオカルトな話があります。

しょこたんの父親である中川勝彦さんからのメールが、父親が亡き後も、中川翔子さんの元に届くそうです。

中川翔子さんは、このエピソードをテレビ番組で話した時があったそうです。

心霊番組の「ほんとにあった怖い話」で、しょこたん自身の霊体験として語っていたそうです。

「中川勝彦」という父親の名前で、本文のない空メールが届くということや、金縛りによくあうといった内容だったそうです。

しかし、霊能者の下ヨシ子(しもヨシこ)さんによると、そのメールは父親からではなく、父親のふりをした悪霊からのメールだそうです。

中川翔子さんの自宅には、数体の霊がいて、それらが悪さをしているそうです。

この霊の影響により、しょこたんの恋愛は成就しないとのことで、番組内で下ヨシ子さんによる緊急除霊が行われたそうです。

しょこたんのお父さんの名前を使って空メールを送る悪霊…。

信じるか信じないかはあなた次第ですが、狡猾な悪霊もいるものです。

亡き父の名前を語る悪霊からのメール…。

世の中には、いろいろな事がおこるものです。

以上が、その独特のキャラクターで大人気、しょこたんこと中川翔子さんの父親特集でした。

スポンサーリンク