岡田准一の父親は誰?かずお?岡田眞澄?ハーフ?画像は?職業は?姫路?厳格な母?

WS000000
来年2016年3月12日には、主演映画の「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」が公開される岡田准一さん。

本作では、エヴェレスト史上最大の謎を追う野心的な山岳カメラマン・深町を熱演。

そんな岡田准一さんの芸能界デビューのきっかけは、あの伝説のテレビ番組である、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」内のコーナーだった「ジャニーズ予備校」でした。

その後、ほとんど下積みの経験もないままに、1995年に14歳でV6のメンバーとなってしまいました。

経験豊富な他のV6メンバーとの実力差を埋めるために、ダンスも死に物狂いで練習したりと、必死の努力を続けてきました。

そしてその努力が実り、アイドル業だけでなく、フジテレビ系列「SP 警視庁警備部警護課第四係」でのアクション俳優や、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」などで役者としての実力も認められるようになりました。

今回の記事では、そんな岡田准一さんの気になる父親についてクローズアップしてみました。

岡田准一

本名   岡田准一(おかだ じゅんいち)
生年月日 1980年11月18日(35歳)
出身地  大阪府枚方市(ひらかたし)
身長   168cm
体重   53kg
血液型  B型
事務所  ジャニーズ事務所


スポンサーリンク

岡田准一の父親は誰?かずお?岡田真澄?

岡田准一さんの父親は誰で、どんな人なんだろうと気になっている方は多いようです。

岡田准一さんの家族は、お母さんとお姉さんがいらっしゃいます。

父親は岡田さんが小学校2年生の時に離婚して、離れてしまっています。

離婚直前に、ご両親が話し合っているのを岡田さんがのぞいたら「のぞくな!」と父親に怒鳴られたそうです。

そして、父親が「じゃあな」とだけ言って、歩いて家から出て行った光景が、強烈に脳裏に焼き付いているとコメントしています。

岡田准一さんの父親の名前は「かずお」さんというらしいですが、離婚直前の家族会議の鮮明な記憶以外は、ほとんど覚えていらっしゃらないようです。

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」では、父親役を演じた岡田准一さん。

黒田官兵衛(くろだ かんべえ)と言えば、豊臣秀吉からその才知を高く評価されると同時に、その抜け目のなさを恐れられ、距離を置かれていた事で有名です。

その黒田官兵衛の息子は、関ヶ原の戦いで大活躍した黒田長政(くろだ ながまさ)です。
長政は武勇に優れた勇将で、父親譲りの知略も持ちあわせていました。

「父親が近くにいなかったので、自分がどういう大人になるのか、男になるのか、という事をずっと考えて生きてきました。育ててくれたのは母ですが、それでもずっと父親の背中を追いかけていた」と女性週刊誌のインタビューで答えています。

インターネット上では、岡田准一さんの父親は、俳優の故・岡田真澄さんなのではないかという噂があります。

若かりし時の岡田真澄さんと現在の岡田准一さんが、かなりそっくりなので、お二人が親子ではないかという噂に拍車をかけたのかもしれませんね。

確かに岡田准一さんも岡田真澄さんも、かなりのイケメンで、顔立ちもよく似てらっしゃいます。

しかしながら実際には、岡田准一さんと岡田真澄さんとは血縁関係はなく、容姿が似ていて、お二人とも岡田姓の為、親子なのではないかという噂になってしまったというのが、本当のようです。


スポンサーリンク

ハーフ?画像は?職業は?姫路?

岡田准一さんは、その端正でイケメンな顔立ちからハーフなのではないかと噂されていますが、実際には違います。

また、岡田真澄さんが父親なのではないかという噂が、岡田准一さんハーフ説を根強いものにしています。

岡田真澄さんは、父親が日本人(日本人画家の岡田稔さん)で母親がデンマーク人(インゲボルグ・シーヴァルセン)のハーフ。

岡田准一さんはハーフではなく、純粋に日本人の父親(かずおさん)と母親(よしえさん)から生まれた、純粋な日本人です。

岡田准一さんがテレビ番組「おしゃれイズム」に出演された時に、「外国人の血が入っているんですか?」という質問に対して、「いいえ」と答えていらっしゃいました。

そして岡田准一さんの父親である「かずおさん」の画像を見てみたいと思っている方が多いようですが、おそらく現在では、インターネット上に「かずおさん」の画像は存在していないようです。

岡田准一さんが小学校2年生の時に、ご両親が離婚されてから、岡田さんとお父さんは会っていないようなので、現在の岡田准一さんのお父さんが、どのような職業についていて、どのような生活を送っていらっしゃるかは不明です。

また、岡田准一さんの父親の「かずおさん」が、兵庫県姫路市の出身なのでは?という噂もありますが、実は岡田准一さんがNHK大河ドラマで演じた黒田官兵衛が、姫路出身の大名なので、そこから誤解されて、父親が姫路生まれという噂が広まってしまったようです。

岡田准一さんの父親の「かずおさん」の画像も、母親の「よしえさん」の画像も、インターネット上に存在しないようで残念ですが、岡田准一さんのようなイケメンのご両親のなので、きっとお二人とも美男美女であることは、間違いなさそうです。

厳格な母?

岡田准一さんが小学校2年生の時に、ご両親が離婚。

その後岡田さんは、厳格な母のもと女手一つで育てられました。

岡田准一さんの母親のお名前は、岡田美恵(よしえ)さんといいます。

岡田准一さんは子供の頃は、学校で「岡田くん、しゃべってください」と名指しされると、吐き気をもよおすほど緊張しやすい性格だったようです。

そんな彼をジャニーズに入れようと書類を出したのが母親の美恵さんでした。

14歳の岡田准一少年を送り出す時に、母親は次のように言ったそうです。

男として責任を持って、自分の人生を生きなさい。

母親として子供の面倒を見るという事は、当たり前かもしれません。

でも私は面倒を見ないから、将来あなたに面倒を見てもらう気もありません。

勉強しろとか言わないから、責任を持って頑張りなさい。

でもね准一、もしあなたが悪い事をしたら、

私があなたを殺してでも、責任をとります。

かなり厳しい言葉ですが、この母の言葉によって、岡田准一さんは人一倍の努力家になれたのかもしれません。

オーディション当時の14歳の岡田准一さん。

14歳の可愛い息子に、あえて厳しい言葉をかける母親の愛情。

岡田准一さんのお母様は、自立した逞しい息子に育ってほしかったのだと思います。

関西から上京すると、ジャニーズJr.をほとんど経験せずにV6としてデビューした岡田准一さんに、世間の常識を教えてくれたのが、グループ最年長の坂本昌行さんだったそうです。

当時、14歳で中学生だった岡田准一さんと24歳の坂本昌行さんは、「学校をずる休みしたら、叩くからな」と約束を交わしました。

岡田さんは「よく叩かれましたね」と苦笑して、「みんなが先生でした」と他のメンバーからも、いろいろな事を教わったと振り返ります。

岡田准一さんは、そうやって周囲の力で育ててもらったことを忘れてはいないようです。

また、まだ岡田さんが20代の頃に台本を読んでいるところに、母親が話しかけてきた事があったそうです。

岡田さんは「今、台本を読んでいるから」と相手にしなかったことを、未だに悔やんでいるそうです。

今でも岡田さんの母親は、「ドラマの撮影があるから邪魔になるだろう」と気をつかって、一切連絡をしてこないそうです。

岡田准一さんは、「大丈夫です、もうそんな”余裕の無い男”ではないので、連絡してください」と、ゲスト出演した「徹子の部屋」で、母親に呼びかけたというエピソードもあります。

「徹子の部屋」出演時に、鍛え上げた体をいじくられる岡田准一さん。

黒柳徹子さんも、筋肉質の男性がお好みなのでしょうか。

岡田准一さんの母親の岡田美恵さんは、東京音楽大学を卒業した後、大阪府枚方市でヤマハ音楽教室のピアノの先生をされています。

ちなみに岡田准一さんの姉の岡田美緒さんは、大阪芸術大学大学院を首席で卒業し、様々なコンクールで受賞経験があるそうです。

そしてお姉さんは、現在お母さんと一緒にピアノの先生をされています。

ピアノの先生をされているだけあり、岡田准一さんのお母さんとお姉さんは絶対音感を持っているそうです。

さすがお姉さんの岡田美緒さんも、色白で美人な方ですね。

お母さんの岡田美恵さんも、きっとお美しいのでしょう。

以上が、現在も芸能界の第一線で大活躍中の岡田准一さんのご家族でした。

今後も岡田准一さんの動向には、要注目ですね!

スポンサーリンク