貴景勝の父親の職業や年齢は?実家はお金持ちで空手の師範代だった?

貴景勝 父 職業

平成31年3月27日に大関昇進を正式に決めた貴景勝(たかけいしょう)さん。

平成26年秋場所に初土俵を踏んでから、28場所での大関昇進です。

年6場所制となった昭和33年以降では、6番目のスピード昇進。

師匠だった元横綱貴乃花の30場所を上回りました。

新大関が誕生するのは、昨年の夏場所後に昇進した栃ノ心以来です。

大関に昇進した貴景勝は、兵庫県芦屋市出身の22歳で、幕内では最年少です。

今回は、日本出身力士で最速の大関となった貴景勝の父親について注目してみました!

スポンサーリンク

貴景勝の父親の年齢は?

平成31年3月27日に正式に大関昇進を決めた貴景勝さん(22歳)。

兵庫県芦屋市出身で、千賀ノ浦部屋(入門時は貴乃花部屋)所属の大相撲力士です。

本名は、佐藤貴信(さとう・たかのぶ)で、愛称は芦屋の暴れん坊。

そんな貴景勝さんのご両親は、父親の佐藤一哉さん(57歳)と母親の佐藤純子さん(52歳)。

22歳という若さで新大関となった貴景勝さんのご両親だけあって、お二人とのお若いですね。

大関昇進が正式に決定となった伝達式の会場には、ご両親も駆けつけました。

そのときの画像を見てみると、貴景勝さんは父親の一哉さん似のように思いました。

お母様である純子さんは、「美魔女」として注目されているとあって、かなりの美人。

伝達式には、見事な着物姿で晴れ舞台を見守っていました。

スポンサーリンク

貴景勝の父親の職業は?

注目の力士である貴景勝さんですが、その父親の職業に注目が集まっています。

貴景勝さんは、兵庫県芦屋市の出身です。

兵庫県芦屋市といえば、お金持ちの方が多い地域として有名ですよね。

そういった理由もあり、父親の一哉さんがどんな仕事をされているのか興味を持たれているようです。

そんな気になる一哉さんの職業ですが、調べてみると保育園の経営をされているようです。

やはり普通の会社員ではなく、経営者として活躍されているようです。

以前に貴景勝さんが子供の頃に家の中で撮影された画像を見てみると、お金持ちの家そのものという感じです(笑)

貴景勝さんの実家は、かなりのお金持ちと言われていますが、どうやら間違いなさそうです。

かといって、貴景勝さんは甘やかされて育ったわけではなく、かなり厳しく育てられたようです。

父親の一哉さんは、かなり厳格な方で、巨人の星の星一徹みたいな性格。

スパルタ教育で息子を育てました。

ちなみに、貴景勝さんの本名である「貴信」ですが、生まれた当時に横綱だった貴乃花の「貴」と、織田信長の「信」の組み合わせだそうです。

そして、貴景勝という名前は、戦国武将の上杉謙信の養子である上杉景勝からとったそうです。

戦国武将好きというのも、父親の一哉さんの厳格さが現れているのかもしれませんね(笑)

貴景勝の父親は極真空手をやっていた?

スパルタ教育だった貴景勝さんの父親の一哉さん。

中学生まで親子二人三脚で頑張ってきたそうです。

父親の一哉さんが極真空手をやっていたため、貴景勝さんも4歳から空手を始めました。

しかし、小学3年生で出場した空手の全国大会で疑惑の反則負けをしたことで、その日を最後に空手をやめることに。

「判定のない競技に」と父親である一哉さんは、息子と話ました。

親を喜ばせたいという思いがあった息子は「どうすれば両親は一番うれしいか」と聞きました。

父親である一哉さんは、「大相撲の横綱になってほしい」と答えたそうです。

そこから貴景勝さんの相撲付の日々が始まりました。

そして、今回の大関昇進となりました。

遅かれ早かれ、貴景勝さんは横綱昇進を決めることでしょう。

そうなった時に、やはり父親の一哉さんの存在というのは、大きいかったと再び思う時がくるでしょう。

以上、今回は、日本出身力士で最速の大関となった貴景勝の父親特集でした!

スポンサーリンク