陣内智則の父親が希望する息子の嫁の職業とは?実家は兵庫県の加古川市

WS000212

お笑い界のモテ男・陣内智則(じんない とものり)さんとフジテレビの「ミオパン」こと松村未央(まつむら みお)アナウンサーが、2017年6月30日に入籍することが分かりました。

松村アナの31歳の誕生日である6月29日が仏滅のため、大安である翌日の入籍を決めたそうです。

陣内智則さんと言えば、女優の藤原紀香さんと2007年に結婚されましたが、2009年に離婚。

松村未央さんとは、2013年春から交際をスタートさせましたが、2014年1月に写真週刊誌に報じられて交際が発覚。

2015年末には親しい関係者に結婚の意思を伝えていたそうです。

今回は、お笑い界のモテ男・陣内智則さんの父親に注目してみました。

スポンサーリンク

陣内智則の父親が希望する嫁の職業は?

陣内智則さんと松村未央さんは2013年春から交際をスタート。

2014年1月に写真週刊誌の報道で、2人の交際が発覚。

陣内さんは後日、出演したテレビ番組で、松村アナとは東京都内の飲食店で偶然出会った際に連絡先を交換してことを明かしました。

2015年1月2日には、陣内智則さんの父親である功壱さん(75)が、テレビのバラエティー番組に出演し、息子と交際中の松村アナに「待ってます。」と呼びかけました。

功壱さんが出演した番組は「明石家電視台お正月SP」で、親からのビデオレターというコーナーに出演。

2015年に42歳で本厄を迎える息子に、結婚に踏み切って欲しいと再婚を促しました。

「どんな女性がいいですか?」と問われた功壱さんは、「一言で言うと、おしとやかな人。こういうことに尽きます」と述べました。

また、「どんな職業が?」との質問には「芸能人以外というのが親としても気持ちです。」と答えました。

さらに「うわさの彼女(松村アナ)にメッセージを。」と求められると、功壱さんは「待ってます。よろしくお願いします。」とカメラに向かって頭を下げました。

兵庫・加古川市の実家からの中継

陣内智則さんの父親の功壱さんは、その後の2015年9月にも兵庫・加古川市にある実家からの中継という形でテレビ出演されました。

出演した番組はフジテレビ系の「芸能界PTAワケあり芸能人の親大集合SP」。

この番組でも息子の恋愛事情について聞かれた功壱さんは、松村未央アナと「お盆に一度会ったことがある。」と告白。

女優の次は女子アナという恋愛遍歴に、「誇りに思います。」とまったく隠す気はない様子の功壱さん。

功壱さんによる松村アナの印象は、「優しくて笑顔の絶えない素敵な方」というもので、とても高評価していたそうです。

息子と松村アナの結婚について、功壱さんは熱望している様子だったようです。

スポンサーリンク

2017年元旦の温泉旅行で結婚宣言

2016年8月には、陣内智則さんが松村アナを連れて墓参り。

そして、2017年の元旦にはお互いの両親を連れて、熱海へ1泊2日の婚前旅行に出かけました。

両家の温泉旅行の費用は、すべて陣内智則さんが負担。

旅行では、両家が揃った席で陣内さんが「結婚したいと思っています。」と切り出したそうです。

その言葉を聞いた、陣内さんの父親の功壱さんは自然と目に涙を溢れてきたそうです。

功壱さんがここまで感極まったのは、松村さんとの交際から約3年半、折りに触れて息子にけじめをつけるように言ってきたからでした。

松村家からも晴れて結婚の許可をもらい、その後はゆっくりと両家の親睦を深めた温泉旅行だったとの事。

今回の入籍報道に父親の功壱さんもホッとしたことでしょう。

奥さんとの会話の話題ももっぱら孫のことが中心になっているそうです。

ジューンブライドを決めた陣内智則さんと松村未央アナ。

近く2人から幸せ報告がありそうな予感がしますね。

以上が、お笑い界のモテ男・陣内智則さんの父親特集でした。

スポンサーリンク