黒柳徹子の父親の職業はヴァイオリニスト ゴジラとの関係は

WS000063
毎回1組のゲストを招いて、テーブル上に広げた資料を元にインタビューしながら対談を進める「徹子の部屋」。

「徹子の部屋」は、1976年2月2日にスタートした番組で、今年で放送40周年を迎えます。

司会の黒柳徹子(くろやなぎ てつこ)さんは、日本のテレビ放送開始以来、長年にわたり第一線で活躍している、テレビ放送史を代表する芸能人の1人です。

黒柳徹子さんは、テレビ朝日「徹子の部屋」の司会だけでなく、累計800万部を記録し、戦後最大のベストセラーとなっている「窓際のトットちゃん」の著者としても知られています。

今回は、タマネギヘアーでお馴染み、黒柳徹子さんの父親に注目してみました。

スポンサーリンク

黒柳徹子の父親の職業はヴァイオリニスト

黒柳徹子さんは、東京府東京市赤坂区(現・東京都港区)乃木坂に生まれ、大田区北千束町で育ちました。

「徹子」という名前は、両親たちが男性が生まれると思い、「徹」という名前を考えていたのですが、実際には女の子が生まれたため「子」をつけて「徹子」としたそうです。

黒柳徹子さんの父親は音楽家で、NHK交響楽団のコンサートマスターも務めたヴァイオリニストの黒柳守綱(くろやなぎ もりつな)さん。

黒柳守綱さんは、妻に黒柳朝さん、息子に黒柳紀明さん、娘に黒柳徹子さんと黒柳眞理さん。

兄はジャーナリスト・カメラマンの田口修治さん。

黒柳徹子さんの父親である黒柳守綱さんは、医者でカトリック本所教会の長老を務めていた田口潔矩さんの四男として生まれましたが、8歳の時に父親が亡くなり、兄の田口修治さんとともに、12歳で三越呉服店で働き始めました。

店の音楽部でバイオリンで学び、三越少年音楽隊にも参加します。

時期は不明なのですが、守綱さんは黒柳家の養子となり黒柳姓となります。

黒柳徹子さんの父親の仕事がヴァイオリニストだったというのは、意外でした。

父親の旧姓は田口守綱さんで、黒柳家の養子となり黒柳守綱というお名前になりました。

三越呉服店で働いていた時に、バイオリンと運命的な出会いをされました。

妻の黒柳朝さんと結婚

黒柳守綱さんと妻の黒柳朝(くろやなぎ ちょう)さんは、朝さんが学生時代にベートーヴェンの第九交響曲の公演を共にしたことで知り合い、それから間もなく、当時自分が住んでいた住居の1階にあった喫茶店で、夜遅くまで話し込んだ末に、自分の住居に住まわせ、そのまま結婚の話に至ったと、娘の黒柳徹子さんが語っています。

黒柳守綱さんは、NHK交響楽団、東京交響楽団といった、日本国内における主要オーケストラのコンサートマスターを歴任。

また、レコーディングスタジオの演奏家としても力を発揮しました。

東京弦楽四重奏団を率いていた頃、チェロを斎藤秀雄さんが担当したこともあり、斎藤さんの弟子で、当時高校生だった小澤征爾さんによると、斎藤さんがオーケストラを指揮した際は、黒柳守綱さんがコンサートマスターを務めていたそうです。

1944年、満州に出征し、終戦でソ連に抑留された経験があります。

1949年にシベリアより帰還し、東京交響楽団のコンサートマスターとして入団。

1983年4月30日に、74歳でお亡くなりになりました。

黒柳徹子さんの若い頃が、美人すぎるというのは意外と知られていません。

画像を見てみると、現代風で可愛らしくアイドルみたいな感じです。

きっと母親の黒柳朝さんも可愛らしい方で、黒柳守綱さんは一瞬で惚れ込んでしまったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

父親はゴジラのテーマ音楽を弾いていた

黒柳徹子さんが、テレビのバラエティ番組に出演した時に、父親でヴァイオリニストの黒柳守綱さんが、1954年に公開された映画「ゴジラ」のテーマ音楽を弾いていたことを明かしたことがあります。

番組では、俳優の渡辺謙さんとのトークがあり、渡辺さんが出演するハリウッド版映画「GODZILLA ゴジラ」の話題に。

黒柳さんも「ゴジラ」と密接なつながりがあるのでは?、と渡辺謙さんが聞くと、黒柳さんは「私、知らなかったんですけど…」と話し始めました。

ゴジラのテーマ音楽を作曲した音楽家の伊福部昭さんが「徹子の部屋」に出演した際のエピソードとして黒柳さんは「どうしてもバイオリンのいい音がほしかったそうで、伊福部さんは私のパパにお願いしたの」と明かしました。

父親の黒柳守綱さんは当時、NHK交響楽団のコンサートマスターを務めていました。

この秘話には渡辺謙さんもビックリ。

徹子さんは「だから一番最初のゴジラには、私の父のバイオリンが入ってるんです」と明かしました。

渡辺さんが「1954年ですよ!」と感心して話すと、徹子さんは「ええ。ジャジャジャンというあの音楽を聴くと父を思い出すんです」と語りました。

黒柳徹子さんの父親が、ゴジラのテーマ音楽を弾いていたというのには、渡辺謙さんでなくてもビックリしてしまいますよね。

ゴジラのテーマ音楽を聴くたびに、父親とのことを思い出す黒柳徹子さんなのでした。

今回は、タマネギヘアーでお馴染み、黒柳徹子さんの父親特集でした。

スポンサーリンク