品川祐の母親は美容家のマダム路子 作家Sと特殊な不倫関係

WS000055
お笑い芸人としてだけでなく、作家や映画監督としても活躍する品川祐(しながわ ひろし)さん。

東京都渋谷区出身、作家・映画監督としては品川ヒロシ名義で活動されています。

品川祐さんは、幼い頃に両親が離婚し、母親に引き取られました。

母親は、美容家で国際魅力学会・会長のマダム路子(品川路子)さん。

父親は、ヤマノグループの株式会社ヤマノ代表取締役元社長の山野凱章さん。

祖母は、ヤマノグループ創始者である山野愛子さん。

今回は、お笑いコンビ・品川庄司のボケ担当である品川祐さんの母親について注目してみました。

スポンサーリンク

品川祐の母親は美容家のマダム路子

品川祐さんの母親は美容家であるマダム路子さんです。

マダム路子さんは、日本美容専門学校を卒業後、若くしてモデルとして活躍し、引退後の1999年に、国際魅力学会を設立し会長に就任。

元夫である山野凱章さんとの間に生まれた2男2女の子どもがおり、長女の晴美さんは美容家、長男の一治さんは映像作家、次女の実花さんはライター、次男の祐はお笑いタレントです。

山野愛子さんとの嫁姑問題や作家・笹沢左保さんとの交際をめぐり、1975年に山野凱章さんと離婚。

品川姓を名乗り、4人の子どもを引き取ります。

1988年、笹沢左保さんと別れたのち、その不倫体験の顛末を小説として出版しました。

その後、2007年に俳優の片岡五郎さんと再婚。

長年の交際を経て、正式に入籍されました。

品川祐さんの母親のマダム路子さんは、テレビ出演されたこともあります。

さすがに美容家だけあって、衣装やメイクなどは圧巻の出来。

若い頃はモデルとして活躍されていたということで、かなり美しい方だったのでしょう。

有名作家Sと特殊な不倫関係

品川祐さんがTBSのバラエティ番組に出演した際に、母親であるマダム路子さんのエッセイ本が紹介されました。

この本には品川さんの母親であるマダム路子さんと、有名作家であるSさんとの不倫に関する内容が綴られていて、番組では品川祐さんが被害者として登場しました。

この有名作家であるSさんというのは、小説家である笹沢左保さんということが判明しています。

品川さんは、母親の不倫話を知ることになりかなり困惑している様子だったようです。

マダム路子さんは夫と離婚し、Sさんと再婚するかと思いきや、S夫婦の離婚話が凍結状態になってしまいます。

その代わり、変な形で同居することになってしまったそうです。

品川さんによると、一軒家を2個借りて、片一方にSさんと母親が住んで、もう一方に兄弟4人で住んでいたようです。

しかし、ご飯は一緒に食べるという特殊な家庭環境だったとの事。

こうした家庭環境が自分の歪んだ性格を構築していると品川祐さんは語りました。

品川祐さんの母親であるマダム路子さんは、有名作家Sさんこと笹沢左保さんとの不倫が原因で、元夫の山野凱章さんと離婚されてしまったようです。

笹沢左保さんとの不倫関係は、かなり特殊なもので、その複雑な家庭環境が品川祐さんの性格に影響を与えたと、品川さんご自身が語っています。

マダム路子さんは、恋多き女だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

品川祐の祖母は美容家の山野愛子

品川祐さんはご自身のブログで偉大な祖母について綴ったことがあります。

それによると品川さんは、ひょんなことから祖母である山野愛子さんを紹介。

ある日、久しぶりにパーマをかけにいった品川さん。

「毛先で遊べるのも、おばあちゃんのおかげだ」となぜか祖母に感謝する。

というのも品川祐さんの祖母とは、日本初のパーマ指導技術者で、日本にパーマ技術を普及させた山野愛子さんだからです。

山野愛子さんは、「山野美容講習所(現・山野美容専門学校)」の創立者です。

品川祐さんは、幼い頃に両親が離婚して母親のマダム路子さんに引き取られたので、祖母の山野愛子さんの記憶はあまりないそうです。

ご自身がかけたパーマの仕上がりには大満足で、「ありがとうおばあちゃん」と、日本美容界に偉大な功績を残した祖母に感謝の気持ちを述べていました。

お笑い芸人の品川祐さんの祖母が、日本初のパーマ技術指導者というのには、ちょっとびっくりしましたね。

山野美容専門学校といえば、誰でも一度は耳にしたことがある名前ですよね。

以上が、お笑いコンビ・品川庄司のボケ担当である品川祐さんの母親特集でした。

スポンサーリンク