市川海老蔵の母親は堀越希実子 会社社長の令嬢でデザイナー

WS000000
歌舞伎役者である市川海老蔵さんが運営しているアメーバブログは、かなりの人気ブログだそうです。

ブログには、海老蔵さんの私生活がかなり公開されているのが魅力のようです。

妻である小林麻央さんとのエピソードも満載です。

歌舞伎界のプリンスである海老蔵さんですから、注目する方も多いのでしょうね。

今回は、歌舞伎界きってのモテ男、市川海老蔵さんの母親に注目してみました。

スポンサーリンク

市川海老蔵の母親は堀越希実子

端正なルックスのイケメン、歌舞伎役者の市川海老蔵(いちかわ えびぞう)さん。

本名は堀越寶世(宝世)(ほりこし たかとし)さんというそうです。

妻はフリーニュースキャスターでタレントの小林麻央さん。

市川海老蔵さんは、1977年12月6日に東京都で生まれました。

父親である十二代目市川團十郎さんと母親である堀越希実子(旧姓・庄司)さんの長男です。

祖父は「海老さま」こと十一代目市川團十郎さん。

市川海老蔵さんの母親である堀越希実子さんは、1976年に市川團十郎さんと結婚。

歌舞伎の名門・市川宗家を支えながら、着物デザイナーとしても活躍されています。

端正なルックスの歌舞伎役者、市川海老蔵さん。

当然ながら女性にモテモテの人生を歩んでこられました。

そんな海老蔵さんが奥さんに選んだ女性がニュースキャスターの小林麻央さん。

美男美女カップルの誕生は、かなり世間を騒がせました。

建設会社社長の令嬢

市川海老蔵さんと小林麻央さんの結婚報告の際に、麻央さんは海老蔵さんの母親である堀越希実子さんデザインの着物を着用していたそうです。

このことについては、海老蔵さんも知らなかったそうなんですが、それくらい嫁姑仲は親密なのだそうです。

市川海老蔵さんの母親である希実子さんは、もともと建設会社社長の令嬢。

現在は着物のプロデュースなどでも活躍しています。

希実子さんは、気さくで愛想もいいから、海老蔵さんが彼女を紹介すれば会ったりもしていたそうです。

しかし市川家の嫁となる女性に関しては話は別。

市川家を守る人間として、それは厳しい目を持ってらっしゃったそうです。

実際、市川家とは家族ぐるみのつきあいで結婚秒読みといわれていた米倉涼子さんでさえ、最後まで結婚を認めませんでした。

佐藤江梨子さんについては、会おうとさえしなかったそうです。

しかし小林麻央さんは、そんな希実子さんに認められました。

梨園では、役者が主役なので、出しゃばる女性は嫌われるようです。

希実子さんが大事にしているのが「出ず入らず」の精神。

お客より目立ちすぎず、かといって役者の妻としての華やぎを忘れないことが重要だということです。

小林麻央さんは、いい意味で地味な美人。

私服も決して流行に敏感とはいえませんが、フリーアナウンサーとして、着実に歩いてきた経歴があります。

それは、これまで海老蔵さんが紹介してきた派手な女性たちとは真逆のタイプで、希実子さんには新鮮に映ったようです。

市川海老蔵さんの母親の堀越希実子さんは、会社社長の娘として裕福な家庭に育ちました。

現在は、着物のデザインやプロデュースなどでも活躍されているようです。

市川家の嫁となる女性には、厳しい目をもっていたそうです。

そのお眼鏡にかなった小林麻央さんは、さすがですね。

スポンサーリンク

小林麻央さんとの関係の変化

市川海老蔵さんの母親の堀越希実子さんと市川家の嫁である小林麻央さんの関係は結婚当初は良好だったようです。

しかし、その後小林麻央さんの嫁としてのいたらなさに希実子さんが不満を持っていると報じられたこともありました。

麻央さんは何かあるとすぐ自分の実家に相談するし、海老蔵さんの好む料理も作れないと希実子さんはこぼしていたようです。

そんな麻央さんですが、結婚から1年、料理の腕も上げて、梨園の妻としての自覚が芽生えてきたといいます。

そして、そんな麻央さんを、希実子さんも認め始めたそうです。

結婚から半年くらいは、お母さんが家に来て、麻央さんにいろいろと指示することがあったんそうです。

しかしその後の麻央さんの頑張りに、「麻央ちゃんがよくやってくれてる。もう大丈夫」って、お母さんも太鼓判を押してくれたそうです。

希実子さんが海老蔵さんと麻央さんの家に来ることはほとんどなくなくなり、何かあるときは、麻央さんが海老蔵さんの実家まで行くようになったそうです。

麻央さんは気を使って、自分のお母さんも自宅に呼ばず外で会っているようです。

さすがに梨園の嫁として認められるためには、様々な苦労があったようです。

嫁姑問題というのは、深刻化する場合が多いなか、市川家は良好な関係であるようです。

小林麻央さんの頑張りと市川海老蔵さんのフォローの賜物なのかもしれません。

以上が、歌舞伎界きってのモテ男、市川海老蔵さんの母親特集でした。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ