菅野美穂の実家は医院を経営している医者ではなく団地暮らし

WS000000

俳優の堺雅人さんとの間に男の子を授かった菅野美穂さん。

次のNHK朝ドラではヒロインの母親を務めることが発表されました。

時期NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」(10月3日スタート)のキャストが5月16日、大阪市内の同局で発表され、ヒロインの芳根京子さん(19)の父親役を生瀬勝久さん、母親役を菅野美穂さんが務めることが分かりました。

菅野美穂さんは語りも担当し、「べっぴんさん」では、キーパーソンとなる役どころのようです。

実生活でも母親となった菅野美穂さんがどんな演技を見せてくれるか、今からとても楽しみですね。

今回は、そんな実力派女優である菅野美穂さんの父親に注目してみました。

スポンサーリンク

菅野美穂の実家は医院を経営している医者

菅野美穂さんの家族構成は両親と弟さんが2人いらっしゃるようです。

両親は岩手県奥州市江刺区出身で、同じ中学校の同級生だったそうです。

現地では、菅野姓が多いそうです。

菅野美穂さんの実家は医院を経営している医者との噂があります。

菅野美穂さんの父親がお医者さんだったとすると、かなり裕福な家庭で育ったということになりますね。

しかしどうやら菅野美穂さんの父親は医者ではなく、普通のサラリーマンだったようです。

菅野美穂さんの実家が医院を経営しているという噂が出てしまったのは、菅野さんが埼玉県坂戸市出身なのですが、坂戸市には菅野病院という医院があるからです。

そこが菅野美穂さんの実家なのではと言われていますが、実際には菅野病院の院長の菅野雄介さんは、菅野美穂さんの父親ではないようです。

坂戸市の菅野病院と菅野美穂さんのには、実際には関係性はないようです。

菅野美穂さんの実家は医院を経営しているとまことしやかに語られていますが、実は菅野美穂さんの父親は医院を経営しておらず、お医者さんでもないというのが本当のようです。

菅野美穂さんの出身地に菅野病院という医院があったため、誤解されてしまったのでしょう。

スポンサーリンク

父親は医者ではなく団地暮らし

菅野美穂さんの実家は医者ではないようで、父親は普通のサラリーマンだというのが本当のようです。

菅野美穂さんの母親が雑誌のインタビューにおいて、菅野美穂さんの父親は普通のサラリーマンの一般家庭で、自分の娘が有名芸能人になってしまって驚いているとコメントされています。

また菅野さんの実家は両親が共働きで、母親もパートに出て働いていたということなので、菅野美穂さんは金銭的に裕福な家庭に育ったというわけではないようです。

菅野美穂さんが幼いころには、埼玉の東武東上線近くにある団地に家族と一緒に暮らしていたようです。

実際に菅野美穂さん自身が、兄弟も含めて5人家族で団地暮らしをしていて、生活も苦しくあまり食べられず、よく口の端が切れていた(栄養が足りない時に起こる症状の一つ)と告白し、菅野美穂さんが団地住まいの苦労人だったということがわかります。

菅野美穂さんの父親の職業は普通のサラリーマンだったようです。

母親も働いていて、生活は苦しかったようです。

団地暮らしの苦労人の菅野美穂さんは、芸能界で大成功してしまいました。

朝ドラヒロインの母親役

菅野美穂さんは今回、次期NHKの朝ドラで主人公の母親役を務めることになりましたが、記者会見では、菅野美穂さんの「神対応」が光ったようです。

2015年8月には俳優の堺雅人さんとの間に第1子となる男児を出産された菅野美穂さんは、母親となって初めての母親役です。

会見で「徐々に徐々に復帰させていただいております」と語りました。

菅野美穂さんが演じる母親の坂東はなは、体が弱いが強い芯をもった明るい女性。

手先が器用で刺しゅうが得意。

主人公のすみれが9歳の時に亡くなります。

ヒロインすみれの姉は蓮佛美沙子(れんぶつみさこ)さん、幼なじみを高良健吾さん、すみれが創設した会社の創設メンバーとなる同級生を「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さんが演じます。

「べっぴんさん」は子供服メーカー「ファミリア」(神戸市)の創業者がモデルだそうです。

フリーアナウンサーの羽鳥慎一さんの妻である、渡辺千穂さんが脚本を担当し、今月下旬にクランクインの予定です。

実生活でも母親となった菅野美穂さんの母親役に注目です。

今月下旬のクランクインに期待しましょう。

以上が、実力派女優である菅野美穂さんの父親特集でした。

スポンサーリンク