三宅健の母親の命日は?女性自身?病院は?葬儀は?メンバーは?年齢は?享年は?

WS000000

ジャニーズ事務所のイケメン、滝沢秀明さんと三宅健さんが最強のタッグを組むようです。

お馴染みとなった滝沢さんの新橋演舞場での公演に、三宅健さんの出演が決定しました。

タッキー&翼の滝沢秀明さんとV6の三宅健さんが、2016年1月19日、都内で行なわれた新橋演舞場4・5月公演「滝沢歌舞伎2016」製作発表会見にそろって出席しました。

2006年に「滝沢演舞城」として誕生し、11年目を迎える同公演に、三宅健さんは、初出演となります。

滝沢秀明さんとの本格的なタッグは初めてとなりますが、三宅健さんは「健&タッキーというおいしい関係になれたら」と共演を心待ちにしているようです。

左が三宅健さん。右が滝沢秀明さん。素晴らしい公演になること間違いなしですね。

今回は、V6のメンバーでもあり、可愛らしい外見でお馴染みの三宅健さんの母親に注目してみました。

スポンサーリンク

三宅健の母親の命日は?女性自身?病院は?

ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・V6のメンバーである三宅健さん。

三宅健さんといえば、自由奔放で子供のように無邪気な印象がありますよね。

最近では、バラエティー番組でも、その自由なキャラクターが広がっています。

そんな三宅健さんの母親ですが、すい臓ガンを患い、闘病生活を続けていましたが、2010年の5月20日に、都内の病院で死去されました。

5月23日に、降りしきる「涙雨」のなか行われた告別式の模様は、6月1日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)「女性自身」「FLASH」(いずれも光文社)など週刊誌各誌に一斉に報じられました。

三宅健さんの母親が天国へと旅立ったのは、5月20日午前1時20分過ぎのことでした。

なので、三宅健さんの母親の命日は、2010年5月20日ということになります。

2010年に病状が悪化した母親を気遣い、ツアーやロケなど多忙な仕事の合間をぬって、頻繁に都内の病院へ足を運んでいたという三宅健さんですが、臨終の瞬間には、病室で弟と共に立ち会うことができたそうです。

幼い頃に父親と死別し、女手ひとつで育ててくれた母親の急死。

その哀しみは、相当のものだったに違いないと思われます。

女手ひとつで、一生懸命育ててくれた母親お急死は、とてもショックだったでしょう。

母親の苦労を人一倍理解していた、孝行息子の三宅健さん。

先に旅立ってしまうことになってしまったお母様も、さぞ無念だったことでしょう。

スポンサーリンク

葬儀は?メンバーは?

ただ「今回のことで、ファンや共演者に余計な心配をかけたり、同情をされたくない」という本人の強い意志もあり、葬儀はひっそりと行われました。

5月22日の通夜は、身内のみで行ない、23日に代々幡斎場で行なわれた告別式には、メンバーと事務所関係者数人のみが、出席したようです。

代々幡斎場での告別式は、人目につかずひっそりと行なわれました。

喪主として、メンバーの前でも気丈に振る舞い、一切涙を見せなかったという三宅健さん。

しかし、式が終わって張りつめていた糸が切れてしまったようで、親族だけになった火葬場では、母親との最後の別れを惜しみ、号泣する姿も見られたそうです。

あの可愛らしい外見とは裏腹に、三宅健さんは正しいことは正しい、間違っていることは間違っている、とハッキリと口に出す性格らしいです。

「一本筋が通って男らしい」と周囲からも評価されているくらいなのですが、実はお母さんが急死されたわずか2日後、通夜の当日にも、MCを務めるフジのバラエティー番組「すごキュン」のロケに参加されたそうです。

あのギャル尽くしのイベント「ガールズアワード2010」に乗り込み、周囲に気付かれぬまま、「はんにゃ」らと共に、番組を盛りあげていました。

そのプロ意識と精神力は、相当のものですよね。

その後もロケやリハーサルを休まずこなし、5月29日にはマリンメッセ福岡にて、V6のコンサート「V6 ASIA TOUR 2010 in JAPAN READY?」に出演された三宅健さん。

翌5月30日の夜に更新されたジャニーズ公式携帯サイト「Johnny’s Web」の連載「にこにこ健」には、今回の件を初めて連想させるようなこんな文章が綴られました。

「思いやる方と思われる方とでは、やっぱりその立場になってみないと見えてこないもの、わからないものがある。僕は両方を経験してみてわかった」

「人は来るべきときが来て、その時初めて、その痛みを知る」

「毎日、空を見てる。どんな空も綺麗で、僕は空に抱かれて生きている。今日も、明日も、これからもずっと」

哀しみをひた隠し、強く前進する彼を見守る「空」は、もしかしたら最愛の母親の象徴なのでしょうか。

今はただ「空」が明るく晴れ、三宅健さんの哀しみが癒えることを祈るのみです。

ジャニーズ事務所のアイドルの皆さんは、仕事に対して真摯な態度で臨む方ばかりです。

三宅健さんも、母親の急死というショックを受けながらも、仕事を全うされました。

そんな三宅健さんを、天国のお母様も誇らしく見守っていることでしょう。

年齢は?享年は?

すい臓ガンで急死したV6三宅健さんの母親の年齢ですが、ネット上にも、その情報は公開されていませんでした。

なので、「この世に生をうけた年数」である享年も、現時点では、不明であるということになります。

また、三宅健さんの母親の画像も、現在はネット上に存在しないようです。

三宅健さんは、1979年7月2日に横浜市で生まれ、その後、香川県に移ったようで、小学校、中学校と高松市の学校に通っています。

幼い頃に父親を事故で亡くし、母親の実家である香川で母子家庭で育ちました。

三宅健さんの叔母が、ジャニーズ事務所入りを勧めて、三宅健さん本人が履歴書を送り、合格しました。

その後、長男である三宅健さんは、新聞配達で家計を助けながら、ジャニーズのレッスンに通ったそうです。

中学2年生の時にジャニーズ入りとなったのですが、同じ中学に通っていた人からは「ほとんど学校には顔を出さず、いつの間にか転校していた」という話がありました。

少しでも母親を助けたくて、ジャニーズ入りを決めた三宅健さんは、孝行息子ですよね。

シングルマザーとして、自分たちを育ててくれた母親に楽をさせたい。

そんな理由からジャニーズ入りを決意した三宅健さんは、素晴らしいですよね。

以上が、V6のメンバーでもあり、可愛らしい外見でお馴染みの三宅健さんの母親特集でした。

スポンサーリンク