千秋の父親は藤本勝司?日本板硝子?会長?阪神?財界人?画像は?企業?お金持ち?

WS000000
タレントのベッキーさんと「ゲスの極み乙女。」のボーカルである川谷絵音(かわたに えのん)さんの不倫交際が報じられて大騒ぎになっています。

今回の不倫交際が発覚してしまったきっかけは、お2人のLINEでのやりとりが暴露されてしまったからでした。

芸能人に限らず、LINEでのやりとりという「証拠」によって、取り返しのつかない事態を招いてしまうこともあるので、細心の注意を払いたいところです。

しかし、タレントの千秋さんは、その点、抜け目がないそうです。

千秋さんは、友人とのたいした事のないLINEのやりとりでも、用件が済むと、全て削除するそうです。

さずが芸能界で長く生き残っているだけの事はある千秋さんのエピソードです。

今回は、そんな歌手に声優にデザイナー、経営者とマルチな活躍をみせる千秋さんの父親に注目してみました。

千秋(ちあき)

本名   藤本千秋(ふじもと ちあき)
生年月日 1971年10月26日(44歳)
出身地  京都府
身長   151cm
血液型  O型
事務所  エキサイティング・トリガー


スポンサーリンク

千秋の父親は藤本勝司?日本板硝子?会長?

マルチタレントであり、現在活動休止中の音楽ユニット「ポケットビスケッツ」のメンバーでもある千秋さん。

そんな千秋さんの父親ですが、実は東証一部上場企業の会長まで務めた凄い方なのです。

千秋さんの父親のお名前は、藤本勝司(ふじもと かつじ)さんといいます。

藤本勝司さんは、実業家で、日本板硝子(にほんいたがらす)株式会社の元取締役会議長兼取締役会長をされています。

日本板硝子株式会社は、住友グループに属するガラス・土石製品を製造・販売する企業であり、住友グループ広報委員会にも参加する企業です。

藤本勝司さんは、兵庫県出身で、甲陽学院高等学校を経て、京都大学工学部工業化学科を卒業し、京都大学大学院工学研究科修士課程を修了されました。

そして、1968年4月に日本板硝子株式会社に入社されました。

2004年6月には、代表取締役社長執行役員に就任。

2010年4月には、取締役会議長兼取締役会長に就任。

2013年6月には、相談役に就任。

千秋さんの父親は、莫大な年商を稼ぎだす企業の会長まで務めた人だったのですね。

まさにエリートコース一直線で、企業のトップに上り詰めた藤本勝司さん。

ここまで見事な出世をされるのですから、人格も立派なのでしょうね。

スポンサーリンク

阪神?財界人?画像は?

藤本勝司さんのエピソードとしては、プロ野球の阪神タイガースの熱烈なファンとして知られています。

ちなみに、当ブログの管理人も阪神タイガースファンです。

藤本勝司さんは、東京の政財界人で初めて作られた、阪神タイガースの公認の阪神後援会「道一筋会」の発起人を務められています。

娘の千秋さんも「道一筋会」の会員になっていて、「父からタイガーズファンとしての英才教育を受けた」と語っています。

1985年の阪神優勝の際は、家族と近所中に約200個の紅白饅頭を配って回ったそうです。

また2003年の阪神優勝の際は、当時の監督の星野仙一(ほしの せんいち)さんにちなみ、家族で1001(せんいち)個の紅白饅頭を作り、関係各所に配って回ったそうです。

千秋さんは、父親似なのでしょうね。

お父さんに目元がそっくりですね。

熱烈な阪神ファン、1985年の阪神優勝は熱かったですね。

バース・掛布・岡田のバックスクリーン3連発は圧巻でした。

企業?お金持ち?

千秋さんの父親である藤本勝司さんは、日本板硝子という東証一部上場企業の会長まで務められました、現在71歳ですが、現在も相談役として、この企業の役員を務められています。

日本板硝子は、世界大手の硝子メーカーで、東証一部上場企業です。

千秋さんの父親である藤本勝司さんは、京都大学大学院を出た後に、日本板硝子に入社し、創業者の子息などのコネなどを一切使わずに、実力でトップに上り詰めて、同社のグローバル化を推し進めた、たたき上げの人物です。

千秋さんの父親は、とっても凄い人物なのですが、実は千秋さんは、その凄さをよくわかっていなかったというエピソードがあります。

千秋さんは、2004年33歳の時に、ファッションブランドを立ち上げたのですが、そのブランドの立ち上げに協力してくれた人が「千秋さんのお父様は財界でも、よくお名前が挙がりますね」と言ったそうです。

しかし、その時、千秋さんは否定したんだそうです。

つまり千秋さんは、自分のお父さんが、政財界で有名な人物だということを知らなかったのです。

これには理由があり、というのも両親は、いつもボロボロの洋服を着て、いかにも貧乏って暮らしをしていたからなのだそうです。

千秋さん一家は、質素倹約な生活をされていたようです。

千秋さんの母親は「他所でペラペラ話してほしくなかった」という理由から、お金持ちであることを黙っていたのだそうです。

お金持ちにもかかわらず、子供を甘やかさないという素晴らしい教育方針ですね。

マルチタレントである千秋さんは、実業家としての才覚の持ち主でもありますが、血筋が背景にあるようです。

千秋さんの親戚筋には、元三菱電機社長・会長の谷口一郎さん(故人)がいます。

千秋さんは、日本の実業界における大人物の「血」を色濃く受け継いでいることになります。

政財界の大物が父親以外の血縁者にもいた千秋さんには、びっくりしますよね。

千秋さんに取材をした雑誌スタッフによると、「実際、千秋さんは、すごく頭の回転が速い人ですよ。そして何事に関しても決断がスピーディーで的確。地頭のよさを感じます」という感想をもったそうです。

経営者の血が引き継がれている千秋さんの、今後の動向から目が離せませんね。

お金持ちのお嬢様になのにもかかわらず、それを知らずに育った千秋さん。

質素倹約な生活を送っていた千秋さん一家には、頭が下がります。

今回は、そんな歌手に声優にデザイナー、経営者とマルチな活躍をみせる千秋さんの父親特集でした。

スポンサーリンク